葬式での費用を抑えるには


故人が生前にどのような葬式にしてほしいか伝えていない場合、葬式に費用がかかることがあります。
葬式には葬儀会場費、僧侶に渡す謝礼、香典返し、御花代など様々かかります。


また、火葬費用や、各種手続きをする際、その手数料もかかることがあります。
どのような規模で、どのような葬儀にするか考えておかないと、どんどん料金がかかっていってしまいます。

47NEWSのお役立ち情報を公開しています。

葬式での費用を抑えるには葬儀の規模を考える必要があります。

規模が大きくなればなるほど、会場費もかかるため、抑える場合には規模を小さくすると良いでしょう。
また、宗教や宗派によっても謝礼の金額は異なるため、無宗教の場合はどの宗教にて行うかも大切になってきます。近年では一般の葬儀のような形をとらず、無宗教葬儀を行うケースも増えています。

無宗教葬儀は宗教に関係ないため、僧侶などを呼ぶ必要がなく、自由に葬儀の内容を考えることができます。


故人の好きな音楽をかけたり、花を飾ったりすることができ、ゆっくりと最期の時を過ごすことができるのが利点です。

葬式の費用情報はこのサイトにおまかせ下さい。

このような葬儀の場合は具体的にどのくらいの費用がかかるのかわかるので、自分の意思によって抑えることができます。



家族葬を行う場合も抑えることができますが、家族葬の場合、香典の数も少ないため香典で様々な費用を賄うことができにくくなります。また葬式あとに自宅に訪問することもあり、その際茶菓代がかかることがあります。

効率よく抑えるには家族でよく話し合うことが必要となります。



Copyright (C) 2016 葬式での費用を抑えるには All Rights Reserved.